貸金業法の改正によって生まれた総量規制は…。

低金利目当てでおまとめローンをセレクトするときは、大切な要素があるのです。それと言いますのは、上限金利が他社と比べても低い数値となっているということなのです。20万とか30万とかの借金は、上限金利が適用されると決定しているからです。カードローンの借り換えを推奨するわけは、もちろん金利を低減できることです。原則的に一回契約したカードローンの金利は、契約継続中はたやすく下げて貰えないと考えてください。総量規制は貸金業法のひとつで、度を超した借金を未然に防いで、私たちを守ってくれる規則ですが、「総量規制に該当してしまうと、絶対に貸し付けしてもらえなくなる」ということはないのでご安心ください。貸金業法の改正によって生まれた総量規制は、並外れた借入ができないようにして、我々消費者を守ってくれる規制ですが、「総量規制に該当してしまうと、全然借り入れできなくなる」というのは間違いです。カードローンを調べると分かりますが、消費者金融系や銀行系など、様々な商品が取り扱われているので、失敗することがないように、正しいデータを見定めながら、時間をかけて比較してから申し込み申請をすることが肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です